• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「語りだす奈良118の物語」西山厚著

 奈良国立博物館の学芸部長として多くの展覧会を企画運営してきた著者によるエッセー集。

 東日本大震災の数日後に記した「大地との絆」では、アニメ「風の谷のナウシカ」の主人公の少女と、東大寺の大仏を作った聖武天皇のエピソードを紹介しながら、「世界を救うことができるのは、深く傷つき、深く苦しみ、その真っただ中を歩み続けている人だけだろう」と被災地に思いを馳せる。

 また、正倉院の宝物である聖武天皇遺愛の品々をなぜ后の光明皇后は大仏に献納したのか、そして昭和21年に最初で最後の予定で開催された正倉院展が現代まで続いた理由などを明かす「正倉院宝物の力」など。仏教研究に裏打ちされた豊かな知見からつづられる文章に心洗われる。

(ウェッジ 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る