「語りだす奈良118の物語」西山厚著

公開日: 更新日:

 奈良国立博物館の学芸部長として多くの展覧会を企画運営してきた著者によるエッセー集。

 東日本大震災の数日後に記した「大地との絆」では、アニメ「風の谷のナウシカ」の主人公の少女と、東大寺の大仏を作った聖武天皇のエピソードを紹介しながら、「世界を救うことができるのは、深く傷つき、深く苦しみ、その真っただ中を歩み続けている人だけだろう」と被災地に思いを馳せる。

 また、正倉院の宝物である聖武天皇遺愛の品々をなぜ后の光明皇后は大仏に献納したのか、そして昭和21年に最初で最後の予定で開催された正倉院展が現代まで続いた理由などを明かす「正倉院宝物の力」など。仏教研究に裏打ちされた豊かな知見からつづられる文章に心洗われる。

(ウェッジ 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード