「ふる」西加奈子著

公開日:  更新日:

 28歳の花しすは、小さいころから自分の体にまとわりつく白いふわふわとした存在に気づいていた。同居人のさなえや飼い猫など周囲の生き物全てに、そのふわふわはまとわりついているが、みなには見えないようだ。ウェブデザイナーのアシスタントと称しているが、外国物のアダルトビデオの出演者の女性器にモザイクをかけるのが花しすの仕事だ。

 職場の先輩の朝比奈やバイトの黒川との会話、行きつけのパン屋の店員やタクシーの運転手とのやりとりを、密かにICレコーダーに録音している花しすは、眠る前にそれに耳を傾ける。

 花しすの2011年12月19日からの3日間と、これまでの人生が交錯しながら進行する長編小説。(河出書房新社 530円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る