• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ふる」西加奈子著

 28歳の花しすは、小さいころから自分の体にまとわりつく白いふわふわとした存在に気づいていた。同居人のさなえや飼い猫など周囲の生き物全てに、そのふわふわはまとわりついているが、みなには見えないようだ。ウェブデザイナーのアシスタントと称しているが、外国物のアダルトビデオの出演者の女性器にモザイクをかけるのが花しすの仕事だ。

 職場の先輩の朝比奈やバイトの黒川との会話、行きつけのパン屋の店員やタクシーの運転手とのやりとりを、密かにICレコーダーに録音している花しすは、眠る前にそれに耳を傾ける。

 花しすの2011年12月19日からの3日間と、これまでの人生が交錯しながら進行する長編小説。(河出書房新社 530円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る