「ふる」西加奈子著

公開日: 更新日:

 28歳の花しすは、小さいころから自分の体にまとわりつく白いふわふわとした存在に気づいていた。同居人のさなえや飼い猫など周囲の生き物全てに、そのふわふわはまとわりついているが、みなには見えないようだ。ウェブデザイナーのアシスタントと称しているが、外国物のアダルトビデオの出演者の女性器にモザイクをかけるのが花しすの仕事だ。

 職場の先輩の朝比奈やバイトの黒川との会話、行きつけのパン屋の店員やタクシーの運転手とのやりとりを、密かにICレコーダーに録音している花しすは、眠る前にそれに耳を傾ける。

 花しすの2011年12月19日からの3日間と、これまでの人生が交錯しながら進行する長編小説。(河出書房新社 530円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る