「女薫の旅」神崎京介著

公開日:  更新日:

 伊豆修善寺に暮らす山神大地の性遍歴を描く青春官能シリーズ最新刊。

 高校3年生の秋、同級生らは受験モードに突入した。学園祭で女装を披露した大地は、そのときに手伝ってくれた雪乃から声をかけられる。雪乃は大地が女装に目覚めたのに気づき、ドレスや下着を新たに買い集めてきたと言う。執拗な雪乃にうんざりしながらも、見せられた下着に興奮してしまった大地は誘われるまま彼女の部屋へ行き、自然消滅していた関係が復活する。かつては、すべてに未熟だったが、大人の体へと変貌していた雪乃は「おちんちんって、すごく芸術的」とうながしてもいないのに口にふくむ。(「打たれる杭」)

 その他、恩師の景子との逢瀬など4話を収録する文庫オリジナル。(講談社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る