• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女薫の旅」神崎京介著

 伊豆修善寺に暮らす山神大地の性遍歴を描く青春官能シリーズ最新刊。

 高校3年生の秋、同級生らは受験モードに突入した。学園祭で女装を披露した大地は、そのときに手伝ってくれた雪乃から声をかけられる。雪乃は大地が女装に目覚めたのに気づき、ドレスや下着を新たに買い集めてきたと言う。執拗な雪乃にうんざりしながらも、見せられた下着に興奮してしまった大地は誘われるまま彼女の部屋へ行き、自然消滅していた関係が復活する。かつては、すべてに未熟だったが、大人の体へと変貌していた雪乃は「おちんちんって、すごく芸術的」とうながしてもいないのに口にふくむ。(「打たれる杭」)

 その他、恩師の景子との逢瀬など4話を収録する文庫オリジナル。(講談社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る