• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「skmt 坂本龍一とは誰か」坂本龍一/後藤繁雄著

 書名の「skmt」とは坂本氏のドメイン名表記。ニューヨークのオフィスや東京のレコード会社の会議室、イタリアの楽屋など、折々に氏が何を感じ、時代をどのようにとらえ、どこに向かおうとしているのかを問いながら、その瞬間のskmtを記録したインタビュー集。

 6歳のときには、もう西洋音楽が持つ「小説構造」に耐えられず、小学生で作曲を始めたという音楽遍歴から、ニューヨーク移住後、すぐに起きた湾岸戦争以降「自分が変わってきている気がする」と語る自身の内面について、そして「最後には百姓か、炭焼きになりたい。両方やるか」といった断片的つぶやきまで。その思考と独創性の片鱗に触れる。(筑摩書房 1000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る