• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「skmt 坂本龍一とは誰か」坂本龍一/後藤繁雄著

 書名の「skmt」とは坂本氏のドメイン名表記。ニューヨークのオフィスや東京のレコード会社の会議室、イタリアの楽屋など、折々に氏が何を感じ、時代をどのようにとらえ、どこに向かおうとしているのかを問いながら、その瞬間のskmtを記録したインタビュー集。

 6歳のときには、もう西洋音楽が持つ「小説構造」に耐えられず、小学生で作曲を始めたという音楽遍歴から、ニューヨーク移住後、すぐに起きた湾岸戦争以降「自分が変わってきている気がする」と語る自身の内面について、そして「最後には百姓か、炭焼きになりたい。両方やるか」といった断片的つぶやきまで。その思考と独創性の片鱗に触れる。(筑摩書房 1000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

もっと見る