「わんぱく天国」佐藤さとる著 村上勉絵

公開日:  更新日:

 昭和十×年、地区でただ一人、少年団に所属する小学3年のカオルは、団の帰り道、6年生の明に待ち伏せされる。警戒するカオルに、明は少年団で習う手旗信号やロープのつなぎ方などを教えて欲しいという。隣地区のガキ大将の明は、独自に少年団を結成して、子分たちにそれを教えるらしい。応じたカオルだが、次第に仲間たちと応援団遊びで盛り上がる明たちがうらやましくなってくる。だが、明たちの仲間には入れてもらえない。そんな中、カオルは明の少年団遊びを知った隣家の一郎から呼び出される。一郎は、明たちが計画している山での斥候遊びに乱入して、彼らをかく乱しようとカオルを誘う。

 戦前の少年たちの日常を描いた自伝的作品。(講談社 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る