「波羅蜜」藤沢周著

公開日: 更新日:

 葬儀ディレクターの倉木に、ある日、商事会社に勤務する梅谷と名乗る男が接触してきた。梅谷は、倉木に「私の葬式をあげて欲しい」という。梅谷は、倉木が担当の病院から遺体を回してもらうため、看護師の杏子に金を渡し、セックスの相手も務めていることを知っていた。

 男の真意が分からないまま、後日、名刺の番号に電話をかけると、梅谷という男は3カ月前に死んだと教えられる。再び現れた男を問い詰めると、別の人物の名刺を次々と出してくる。梅谷を含め、一流企業に勤める彼らは、いずれも自死したという。自殺をゲームとして楽しむ集まりがあることをにおわせる男は、倉木に自殺ビジネスを持ち掛けてくる。

 生と死のはざまにある「闇」を描く長編小説。(光文社 880円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る

人気キーワード