• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人女性の労働力参加率はすでに欧米並み

 CIAや国防総省など16の情報機関のデータを統括しているのが、米国最高情報機関である国家情報会議(NIC)。NICによる国家情報評価は、大統領の指針ともなるものだ。

 マシュー・バロウズ著、藤原朝子訳「シフト」(ダイヤモンド社2000円+税)は、NICのトップ分析官として28年にわたり活動してきた人物による初の著書。政治や経済、軍事など多岐にわたる分野に着目しながら、今後20年間に世界がどのようにシフトするのかを分析している。

 本書では日本の未来についても言及しているが、それは厳しい内容だ。中国との差が拡大し、今後は“中の上”程度のパワーは維持できる可能性があるものの、大規模な構造改革を実行できれば、という条件が付くとしている。少子高齢化で労働人口の減少が顕著になるため、海外からの出稼ぎ労働者に対する長期滞在ビザの発行など、新しい移民政策が不可欠になる。しかし、日本人は外国人の受け入れに消極的な国民性を持つため、この問題はそう簡単には解決できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る