「小説・新聞社合併」大塚將司著

公開日: 更新日:

 発行部数首位を走る大都新聞の社長・松野は、明朝の朝食会に備え、社が用意したホテルにチェックイン。その後、近くの料亭で業界3位の日亜新聞の社長・村尾と密会する。部数の減少に頭を悩ましていた松野は、1年前から極秘に村尾と合併話を進めており、話し合いはいよいよ大詰めを迎えていた。遅れて会合に加わった双方の取締役編集局長は、初めて合併について聞かされる。

 会合後、松野は部下で愛人の香也子をホテルに呼び出す。その日は、10年前に出張先のパリで2人が初めて関係を持った記念日だった。もとはといえば日亜との合併も香也子が言い出したことだった。

 大新聞社の合併をテーマに、業界人たちの生態を描く企業小説。(展望社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

もっと見る