「ペンギンを愛した容疑者」大倉崇裕著

公開日: 更新日:

 事件の容疑者や被害者が飼っていたペットの世話をする警視庁総務部動植物管理係の須藤は、捜査1課からの依頼を受け、相棒の圭子と実業家の藤原の屋敷に駆けつける。

 その日の朝、藤原が屋敷内のペンギン飼育室で死んでいるのが見つかり、残されたペンギンの世話をするためだ。所轄署は、藤原がペンギンの世話中に足を滑らせ頭を打ち、プールで溺死した事故死と断定していた。

 しかし、動植物の生態に詳しい圭子は、遺体写真を見て藤原が普段、ペンギンの世話をしていなかったことを見抜く。藤原の腕にペンギンのくちばしでつつかれた傷が一つもなかったからだ。他殺と睨んだ須藤は、圭子と捜査に乗り出す。

 他3編を収録した人気シリーズ最新刊。(講談社 1550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る

人気キーワード