• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「中国残留孤児70年の孤独」平井美帆著

 戦争で中国に置き去りにされた「中国残留孤児」とその家族の波乱の人生を追うノンフィクション。

 池田澄江さんは、生後10カ月の時に黒竜江省牡丹江で子供のいない中国人夫妻に引き取られ「徐明」と名付けられ育つ。8歳のときに自分が日本人だと知り、いつか日本に帰るとの思いを抱く。72年の国交正常化後、家族を探し始め、81年、父親が名乗り出て一緒に日本へ帰国。しかし、数カ月後にDNA検査でその男性とは血縁がないことが分かり、家を追い出されてしまう。その他、彼女が理事長として運営に携わる東京・御徒町の「中国残留孤児の家」に集う人々の人生を丹念に取材。戦争70年経た今も続く彼らの苦悩に寄り添う。

(集英社インターナショナル 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る