「中国残留孤児70年の孤独」平井美帆著

公開日:  更新日:

 戦争で中国に置き去りにされた「中国残留孤児」とその家族の波乱の人生を追うノンフィクション。

 池田澄江さんは、生後10カ月の時に黒竜江省牡丹江で子供のいない中国人夫妻に引き取られ「徐明」と名付けられ育つ。8歳のときに自分が日本人だと知り、いつか日本に帰るとの思いを抱く。72年の国交正常化後、家族を探し始め、81年、父親が名乗り出て一緒に日本へ帰国。しかし、数カ月後にDNA検査でその男性とは血縁がないことが分かり、家を追い出されてしまう。その他、彼女が理事長として運営に携わる東京・御徒町の「中国残留孤児の家」に集う人々の人生を丹念に取材。戦争70年経た今も続く彼らの苦悩に寄り添う。

(集英社インターナショナル 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る