「プーチンの実像」朝日新聞国際報道部 駒木明義、吉田美智子、梅原季哉著

公開日: 更新日:

 国際情勢の鍵を握るロシア大統領の素顔に迫るルポルタージュ。

 旧東ドイツ・ドレスデンのKGB(ソ連国家保安委員会)支部に勤務していたプーチンは、1990年に故郷レニングラード(現サンクトペテルブルク)に戻り、市長の片腕として頭角を現す。そして2000年に大統領に就任。ドレスデン駐在時には、ベルリンの壁崩壊に勢いづいて、KGB解体を求めて押し寄せたデモ隊をたった一人で解散させたという。そのデモに参加していたメンバーをはじめ、KGBの同僚や柔道を通じて親交を重ねてきた山下泰裕氏、森元首相ら多くの証言から、クリミア併合などの政治判断の舞台裏や北方領土問題への考え方まで、その政治家としての軌跡と政治信条を読み解く。

(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る