「日本の古典に学びしなやかに生きる」加賀乙彦著

公開日: 更新日:

 長年読み継がれてきた古典は、時代を超えて人間の心に響く普遍性を持っている。さらに古典を読むことで自分の根底にある、ものの考え方をつかむことができ、「生き方」を学ぶこともできると、著者はその効用を説く。本書は、おすすめの古典のポイントとなる文章を原文より抽出し、現代文にかみ砕きながら解説してくれる入門書。

 まずは鴨長明「方丈記」を取り上げ、「この世での住まい方」を考察する。安元3年の大火や、治承4年の竜巻などの災害を克明に描写した長明の観察眼に注目。宝物を集めて喜んでいることのむなしさを説く長明の文章は、現代人の心を打つものがある。その他、吉田兼好の「徒然草」など全4作に学ぶ。(集英社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る