「日本の古典に学びしなやかに生きる」加賀乙彦著

公開日: 更新日:

 長年読み継がれてきた古典は、時代を超えて人間の心に響く普遍性を持っている。さらに古典を読むことで自分の根底にある、ものの考え方をつかむことができ、「生き方」を学ぶこともできると、著者はその効用を説く。本書は、おすすめの古典のポイントとなる文章を原文より抽出し、現代文にかみ砕きながら解説してくれる入門書。

 まずは鴨長明「方丈記」を取り上げ、「この世での住まい方」を考察する。安元3年の大火や、治承4年の竜巻などの災害を克明に描写した長明の観察眼に注目。宝物を集めて喜んでいることのむなしさを説く長明の文章は、現代人の心を打つものがある。その他、吉田兼好の「徒然草」など全4作に学ぶ。(集英社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る