「必ず書ける『3つが基本』の文章術」近藤勝重著

公開日: 更新日:

 職場の企画書やリポートなどのビジネスから、学校の作文・論文、ブログまで、あらゆる分野で活用できる文章術を伝授してくれるテキスト。

 文章は「何を書くか」「どう書くか」「どう構成するか」の3つが基本で、それぞれにコツがあるという。まず、何を書くか。読み手の興味を引く文章を書くには、疑問に思った何らかのことを、「有-無(ウーム)」と考えることが大切だと説く。自分の中のもう一人の自分と、そのテーマについて「有りや」「無しや」と問答し、書くべき内容を深め、新しい発見を得ることが大切だと。

 その他、3つの基本に沿いながら、①「遠景を描く」②「近景を描く」③「心模様を描く」など、さらにさまざまなポイントを3段階で講義。(幻冬舎 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る