「スター・ウォーズ論」河原一久著

公開日: 更新日:

 最新作「フォースの覚醒」が話題のスター・ウォーズ。1977年の公開(日本公開は翌年)以来、世界中のファンを熱狂させてきた同シリーズの魅力を考察した映画本。

 そもそも第1作「スター・ウォーズ」は、企画の段階で配給交渉権を持っていた映画会社2社が製作費などを懸念して却下。公開前も大失敗作になるとささやかれ、別の作品との抱き合わせで配給された。それが観客動員数全米2位の記録をいまだに保持しているのだ。

 この巨大なコンテンツが映画史に残してきた革新の足跡をたどり、第1作公開時の世界的「現象」が、「文化」へと発展していく過程を追体験。さらにディズニー社買収後の「スター・ウォーズ」のこれからを展望する。(NHK出版 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る