「自分を責めずにはいられない人」片田珠美著

公開日:  更新日:

「自分はダメ人間」「私がもっとちゃんとしていれば……」と思うことは誰にでもある。同じような失敗や困難にぶつかって、早く立ち直る人もいれば、いつまでも引きずって、自身を傷つけてしまう人もいる。

 その差は罪悪感の強弱によって生まれる。本書は、その罪悪感の視点から、自分を責めずにはいられない人の心理メカニズムを分析した生き方テキスト。

 両親の死に罪悪感を抱き、酒に溺れるB男と、結婚したB男から転嫁された罪悪感をきちんと受け止めようとして自分を責めるようになったA子、罪悪感を用いた心理コントロールで娘を縛り付ける母親などの実例を紹介。「自分はダメだ」と思うその要因を分析し、罪悪感との向き合い方など対処法を提示する。(PHP研究所 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る