• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
香山リカ
著者のコラム一覧
香山リカ精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授

1960年、北海道生まれ。東京医科大卒。NHKラジオ「香山リカのココロの美容液」パーソナリティー。著書に「執着 生きづらさの正体」ほか多数。

「きみを夢見て」スティーヴン・エリクソン著

 突然だが、本紙を購読するあなたは、世の中や政治についてもかなりの関心を持っているのだろう。そして恐らく、今の権力のあり方については批判的な見方をしているに違いない。しかし、そのことは会社や家庭では話しにくいな、とも感じているはずだ。

 時間や空間が交錯する風変わりな作品で知られるアメリカの作家、スティーヴ・エリクソンの新作の主人公ザンも同じだ。自分から政治の話をしないばかりではなく、人々が議論をしているときでも政治については語らないようにしている。昔はそうではなかったのに、今では対立を嫌っているのだ。

 ザンは地元の大学で文学やポップカルチャーを教え、ラジオ局でDJを務めている。妻のヴィヴは写真家、息子、そしてエチオピアから迎えた幼い養女の4人で暮らすというなかなかの文化人ぶりだが、ちょっとしたことから家計は急激に悪化、ついに持ち家を追われるときがやって来る。ザンはやむなく、妻の元カレに職を斡旋してもらい、一家でロンドンに向かうことになる……というのがメーンのストーリー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る