「闇を叩く」稲垣潤一著

公開日:  更新日:

 高校を卒業し就職した潤一の初出社の日、友人の荒木から電話が入る。荒木は、仙台で5本の指に入るといわれているギタリストで、地元で有名なバンド、ロングイヤーズアフターのメンバーだった。

 バンドを抜けたドラマーの後任を務めることになった潤一は、会社を1日で辞める。やがて、東京に進出したバンドが解散。仙台に戻り、無為の日々を過ごしていた潤一をある日、バンドの後輩・黒川が訪ねてくる。潤一とバンドをするために仙台に戻ったという黒川に誘われ、潤一は再び、仙台でバンド活動を始めるが、思うような仕事はなく、昼は花屋やちり紙交換のバイトをしつつ、機会をうかがう。

 人気ミュージシャンがつづる青春自伝小説。
(小学館 670円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る