「闇を叩く」稲垣潤一著

公開日: 更新日:

 高校を卒業し就職した潤一の初出社の日、友人の荒木から電話が入る。荒木は、仙台で5本の指に入るといわれているギタリストで、地元で有名なバンド、ロングイヤーズアフターのメンバーだった。

 バンドを抜けたドラマーの後任を務めることになった潤一は、会社を1日で辞める。やがて、東京に進出したバンドが解散。仙台に戻り、無為の日々を過ごしていた潤一をある日、バンドの後輩・黒川が訪ねてくる。潤一とバンドをするために仙台に戻ったという黒川に誘われ、潤一は再び、仙台でバンド活動を始めるが、思うような仕事はなく、昼は花屋やちり紙交換のバイトをしつつ、機会をうかがう。

 人気ミュージシャンがつづる青春自伝小説。
(小学館 670円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る

人気キーワード