「山人たちの賦」甲斐崎圭著

公開日: 更新日:

 北海道の日高山脈のふもとに住む行方さんは、30年以上の経験を持つ熊撃ち。その昔、カモ猟中に熊に遭遇した体験から、独学で熊撃ちを始め、これまでに人間のテリトリーを侵した100頭以上をとったという。

 わずか7、8メートルの至近距離まで間を詰めて一発で仕留める行方さんだが、何よりも大切なのは銃の技術よりも猟師の手・足・七感となる犬だという。

 本書は、ロープ1本で断崖絶壁に生える岩茸を採る群馬の松本さんや、秋田のマタギ・松橋さん、100キロ以上の荷物を担ぎ山小屋に運ぶ白馬岳のボッカ・太田さんなど、13人の日常に密着し、山で生きる人たちの暮らしと人生を追ったルポルタージュ。
(山と溪谷社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  8. 8

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード