「山人たちの賦」甲斐崎圭著

公開日:  更新日:

 北海道の日高山脈のふもとに住む行方さんは、30年以上の経験を持つ熊撃ち。その昔、カモ猟中に熊に遭遇した体験から、独学で熊撃ちを始め、これまでに人間のテリトリーを侵した100頭以上をとったという。

 わずか7、8メートルの至近距離まで間を詰めて一発で仕留める行方さんだが、何よりも大切なのは銃の技術よりも猟師の手・足・七感となる犬だという。

 本書は、ロープ1本で断崖絶壁に生える岩茸を採る群馬の松本さんや、秋田のマタギ・松橋さん、100キロ以上の荷物を担ぎ山小屋に運ぶ白馬岳のボッカ・太田さんなど、13人の日常に密着し、山で生きる人たちの暮らしと人生を追ったルポルタージュ。
(山と溪谷社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る