「ジャングル・クルーズにうってつけの日」生井英考著

公開日: 更新日:

 1962年、ケネディ政権はベトナムへの軍事介入を強化。自身はあまり乗り気ではなかったというケネディ大統領が増員の指示を出した背景や、当時の現地の政治状況を解説。一方で同じ年にベトナムに配属された19歳の無線兵ジャン・バリーの回想記を紹介。

 そこにはケネディ政権の登場とともに戦争についてうたわれた軍事科学的概念とかけ離れた、洗練とは程遠い戦場の現実が描かれている。さらに、ベトナム帰還兵の作家による作品や、戦場写真、そしてベトナムのプロパガンダ映画などを取り上げながら、ベトナム戦争後の社会の変容や文化への影響などを考察する。

 昨年のベトナム戦争終結40周年を機に復刻された名著。

(岩波書店 1720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

もっと見る