• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ジャングル・クルーズにうってつけの日」生井英考著

 1962年、ケネディ政権はベトナムへの軍事介入を強化。自身はあまり乗り気ではなかったというケネディ大統領が増員の指示を出した背景や、当時の現地の政治状況を解説。一方で同じ年にベトナムに配属された19歳の無線兵ジャン・バリーの回想記を紹介。

 そこにはケネディ政権の登場とともに戦争についてうたわれた軍事科学的概念とかけ離れた、洗練とは程遠い戦場の現実が描かれている。さらに、ベトナム帰還兵の作家による作品や、戦場写真、そしてベトナムのプロパガンダ映画などを取り上げながら、ベトナム戦争後の社会の変容や文化への影響などを考察する。

 昨年のベトナム戦争終結40周年を機に復刻された名著。

(岩波書店 1720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る