「ジャングル・クルーズにうってつけの日」生井英考著

公開日: 更新日:

 1962年、ケネディ政権はベトナムへの軍事介入を強化。自身はあまり乗り気ではなかったというケネディ大統領が増員の指示を出した背景や、当時の現地の政治状況を解説。一方で同じ年にベトナムに配属された19歳の無線兵ジャン・バリーの回想記を紹介。

 そこにはケネディ政権の登場とともに戦争についてうたわれた軍事科学的概念とかけ離れた、洗練とは程遠い戦場の現実が描かれている。さらに、ベトナム帰還兵の作家による作品や、戦場写真、そしてベトナムのプロパガンダ映画などを取り上げながら、ベトナム戦争後の社会の変容や文化への影響などを考察する。

 昨年のベトナム戦争終結40周年を機に復刻された名著。

(岩波書店 1720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る