「銀座百話」篠田鉱造著

公開日:  更新日:

 明治7年、銀座2丁目の横辻で、むしろを敷いて小机を前に「八犬伝」を読む少年講釈師がいた。朝野新聞社社長の成島柳北が人垣からのぞくと、隣に付き添っている老婦人に見覚えがある。かつて世話になった元旗本の老母だった。

 翌日、その自宅を訪れて事情を聴くと、維新後、零落して、孫は旧知の成島を頼ろうとしたが、祖母がそれをたしなめて、辻講釈で糊口をしのいでいたという。そして、成島の援助で、孫は後に一流の講釈師となった。

 他に、金六町の蕎麦屋の2階で高橋お伝が後に愛人となる古着屋の吉蔵に借金を申し込んだなど、銀座に伝わる逸話を紹介。1937年に出版された本の復刊。(河出書房新社 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る