「セブン」浅暮三文著

公開日: 更新日:

 湯島のラブホテルで自殺を装った制服姿の女子高生の他殺体が見つかる。警察は消えた男の行方を追う。所轄署の女刑事・如月七も本庁捜査1課の土橋と組んで捜査に加わる。

 妹によると被害者の玲奈は、働く母に代わって家事を担当し、受験勉強に専念するため部活動をやめたという。七は妹の話と、口から精液が検出された遺体の状況との落差に違和感を抱く。やがて、玲奈が秋葉原でJKお散歩と呼ばれる新手の風俗のアルバイトをしていたことが分かる。一方で、ホテルの監視カメラの映像を調べた七は、玲奈と同じ階の部屋を1人で使っていた若い女がいることに気づく。

 過去のある出来事から人の心に寄り添うことができない美人刑事を主人公にした警察小説。(光文社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る