「セブン」浅暮三文著

公開日:  更新日:

 湯島のラブホテルで自殺を装った制服姿の女子高生の他殺体が見つかる。警察は消えた男の行方を追う。所轄署の女刑事・如月七も本庁捜査1課の土橋と組んで捜査に加わる。

 妹によると被害者の玲奈は、働く母に代わって家事を担当し、受験勉強に専念するため部活動をやめたという。七は妹の話と、口から精液が検出された遺体の状況との落差に違和感を抱く。やがて、玲奈が秋葉原でJKお散歩と呼ばれる新手の風俗のアルバイトをしていたことが分かる。一方で、ホテルの監視カメラの映像を調べた七は、玲奈と同じ階の部屋を1人で使っていた若い女がいることに気づく。

 過去のある出来事から人の心に寄り添うことができない美人刑事を主人公にした警察小説。(光文社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る