• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

覆面芸術家・バンクシーをセレブ扱いする“見せ物”社会

映画「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」

 有名アーティストのドキュメンタリーというと美術館の展示室のビデオみたいなものを連想する向きが多いだろうが、この映画は「有名」の意味をふと考えさせるところがミソ。先週末から公開中の「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」だ。

 バンクシーは身元不明の英国の覆面芸術家。こぎたない街中の建物の壁などにスプレーで落書きを残すほか、大英博物館の一隅に勝手に作品を残したのに、しばらく誰も気づかない(!)などというゲリラ手法で評判となった。

 その彼がニューヨークを“標的”に毎日1点ずつ街のどこかに作品を残す、と公式サイトで宣言。たちまちNYは宝探し状態に陥り、ブルームバーグ市長は眉を吊り上げて「破壊行為」と非難。他方、落書きされたビル所有者はフェンスをめぐらせて「展示」し、路上パフォーマンスでは居合わせた群衆が一斉にカメラを向ける狂騒状態。映画はこれをニュース特番みたいなスタイルで映し出すのである。

 もっとも現代美術の世界から見るとバンクシーの手法は特に新しくない。秩序や制度を皮肉り、挑発する点では60年代の「ハプニング」のほうがよほど過激だったからだ。むしろ現代は大衆社会のほうがバンクシーを「セレブ」としてもてはやす、その皮相ぶり自体が皮肉なのだ。

 ロビン・D・G・ケリー著「ゲットーを捏造する」(彩流社 2900円)はこんな現代都市が「貧困」や「差別」を(たとえばニュースなどで)見せ物にする様相を批判的に論じた米国の社会学者の著作。学術書だが、自身が運動家でもある著者の筆の躍動感がいい。〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る