覆面芸術家・バンクシーをセレブ扱いする“見せ物”社会

公開日:  更新日:

映画「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」

 有名アーティストのドキュメンタリーというと美術館の展示室のビデオみたいなものを連想する向きが多いだろうが、この映画は「有名」の意味をふと考えさせるところがミソ。先週末から公開中の「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」だ。

 バンクシーは身元不明の英国の覆面芸術家。こぎたない街中の建物の壁などにスプレーで落書きを残すほか、大英博物館の一隅に勝手に作品を残したのに、しばらく誰も気づかない(!)などというゲリラ手法で評判となった。

 その彼がニューヨークを“標的”に毎日1点ずつ街のどこかに作品を残す、と公式サイトで宣言。たちまちNYは宝探し状態に陥り、ブルームバーグ市長は眉を吊り上げて「破壊行為」と非難。他方、落書きされたビル所有者はフェンスをめぐらせて「展示」し、路上パフォーマンスでは居合わせた群衆が一斉にカメラを向ける狂騒状態。映画はこれをニュース特番みたいなスタイルで映し出すのである。

 もっとも現代美術の世界から見るとバンクシーの手法は特に新しくない。秩序や制度を皮肉り、挑発する点では60年代の「ハプニング」のほうがよほど過激だったからだ。むしろ現代は大衆社会のほうがバンクシーを「セレブ」としてもてはやす、その皮相ぶり自体が皮肉なのだ。

 ロビン・D・G・ケリー著「ゲットーを捏造する」(彩流社 2900円)はこんな現代都市が「貧困」や「差別」を(たとえばニュースなどで)見せ物にする様相を批判的に論じた米国の社会学者の著作。学術書だが、自身が運動家でもある著者の筆の躍動感がいい。〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る