「土と水の探究者たち」瀬古一郎著

公開日:  更新日:

 1995年、阪神・淡路大震災が起きたとき、それまでの最大値だった震度7を超える被害が見られる地域があった。

 砂防、港湾などのプロジェクトに関わってきた中央開発㈱のメンバーは、区分地図を持って被害調査に向かう。彼らが作成した被害マップには超震度7の〈震災の帯〉が描き出されていた。当初、この帯の下に活断層があると考えられたが、活断層と〈震災の帯〉は微妙にずれている。その後の調査で、神戸―阪神地域の市街地の特異な地下構造が関与していることが明らかになった。

 超高層建築から巨大ダムまで建設する、建設総合コンサルタント会社の技術者たちの地道な活動と情熱を描く。(ダイヤモンド社1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る