「土と水の探究者たち」瀬古一郎著

公開日: 更新日:

 1995年、阪神・淡路大震災が起きたとき、それまでの最大値だった震度7を超える被害が見られる地域があった。

 砂防、港湾などのプロジェクトに関わってきた中央開発㈱のメンバーは、区分地図を持って被害調査に向かう。彼らが作成した被害マップには超震度7の〈震災の帯〉が描き出されていた。当初、この帯の下に活断層があると考えられたが、活断層と〈震災の帯〉は微妙にずれている。その後の調査で、神戸―阪神地域の市街地の特異な地下構造が関与していることが明らかになった。

 超高層建築から巨大ダムまで建設する、建設総合コンサルタント会社の技術者たちの地道な活動と情熱を描く。(ダイヤモンド社1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    トマトと並んで人気 キュウリを育てるための2つの注意点

もっと見る