「ジャズとエロス」牧山純子著

公開日: 更新日:

 クラシックからジャズに転向したバイオリニストが、ジャズの魅力を語る音楽エッセー。

 4歳でバイオリンを始めた著者は、クラシック以外は音楽ではないという環境で育ち、先生が選択した曲を、指示通りに一生懸命弾くことが音楽のすべてだった。しかし、バイオリニストのイツァーク・パールマンとジャズ界の大御所オスカー・ピーターソンのアルバムに衝撃を受け、米国のバークリー音楽大学で一からジャズバイオリンを学び直す。

 そうしたジャズ開眼の体験を語るとともに、スタンダードナンバーや自ら作曲した曲を紹介しながら、ジャズから匂い立つ官能的なエロスや芸術的エロス、生命力あふれるエロスの魅力をひもといていく。(PHP研究所 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  8. 8

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

もっと見る