「ジャズとエロス」牧山純子著

公開日:  更新日:

 クラシックからジャズに転向したバイオリニストが、ジャズの魅力を語る音楽エッセー。

 4歳でバイオリンを始めた著者は、クラシック以外は音楽ではないという環境で育ち、先生が選択した曲を、指示通りに一生懸命弾くことが音楽のすべてだった。しかし、バイオリニストのイツァーク・パールマンとジャズ界の大御所オスカー・ピーターソンのアルバムに衝撃を受け、米国のバークリー音楽大学で一からジャズバイオリンを学び直す。

 そうしたジャズ開眼の体験を語るとともに、スタンダードナンバーや自ら作曲した曲を紹介しながら、ジャズから匂い立つ官能的なエロスや芸術的エロス、生命力あふれるエロスの魅力をひもといていく。(PHP研究所 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る