「田中角栄 相手の心をつかむ『人たらし』金銭哲学」向谷匡史著

公開日:  更新日:

 元宰相・田中角栄は、カネを「生き金」に変えて人の心をつかみ取る達人だった。その金銭哲学に学ぶ生き方テキスト。

 誰に、どういうときに、いくら渡すか。カネの値打ちはこの3つで決まる。角栄は、入院中の政敵を見舞ったときに500万の札束入り袋を何も言わずにそっと置いて帰ったという。それも5回も続けて。感激した相手は退院後、田中批判をしなくなった。

 相手が予想していた以上の金額を渡すこの「10倍の哲学」は、カネに「情」という付加価値をつけることによって何十倍、何百倍もの価値を生み出し、人の心をからめとってしまう。その他、相手のプライドを傷つけない金の渡し方など、ビジネスにも役立つ実践的心理術が満載。(双葉社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る