北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ささやかで大きな嘘」(上・下)リアーン・モリアーティ著、和爾桃子訳

公開日: 更新日:

 保育園を舞台にしたママ友小説だが、一気読みの面白さだ。保護者懇親会の日に何かがあったことは最初から明らかにされている。どうやら誰かが亡くなったらしい。しかし、誰が亡くなったのか、子供なのか大人なのか。殺人なのか事故なのか。それはなかなか明かされない。その意味でこれはミステリーだ。

 同時に、ある児童のいじめ疑惑をめぐって対立するママ友たちの生活と意見が、それはもうたっぷりと読ませるから目を離せない。

 マデリーンは別れた夫と後妻の子が自分の娘と同じ保育園に通うことが面白くないし、シングルマザーのジェーンは生活費の捻出に頭を痛めているし、何一つ不自由のない生活を送っているとみんなから思われているセレストは、夫の暴力にひたすら耐えている。そういう3人の生活がひたすら読みやすく、軽快に、そしてシリアスに描かれていく。そういう普通小説の面白さもあふれているのだ。

 この3人はいじめの疑惑をかけられた児童を守る側だが、彼女たちと激しく対立するグループもいて、そちらのリーダーはキャリアウーマンのレナータ。専業主婦、シングルマザー、キャリアウーマンと、保護者もそれぞれ立場が異なるから難しいのである。

 オーストラリアが舞台の小説だが、全米でベストセラーになり、ニコール・キッドマン主演で全7回のテレビドラマが今夏放映されるという。

 日本でテレビドラマ化されるなら、主演は天海祐希だ。(東京創元社 各1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る