• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「大統領の冒険」キャンディス・ミラドー著 カズヨ・フリードランダー訳

 第26代アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトは1912年の3期目の大統領選に負け、その翌年、アマゾンの奥地に旅立つ。本書は、1600キロにもわたるアマゾンの支流を南米の地図に記入することになる、その探検を描いたノンフィクションである。

 凄まじい書だ。密林には危険な動物がいっぱいいて、それらが次々に襲いかかってくる。獰猛な蚊もいれば、吸血性の生物もいる。さらに急流で船が何度も流され、そのたびに食料が紛失し、飢えと病気に苦しめられる。さらに毒を塗った矢を放ってくる先住民までいるのだ。その迫力満点の探検行のディテールが圧巻。これは、ナショナル・ジオグラフィック誌の記者を務めたことがある著者の第1作だが、鮮やかな描写とダイナミックな筆致が素晴らしい。そのために、100年前の冒険がリアルによみがえってくる。

 セオドアの旅に同行するブラジルのロンドン大佐(アマゾンの測量遠征に生涯をささげた熱血漢)をはじめとする個性豊かな人物が脇を固めているのも、この探検行に奥行きを与えている。

 特に、父親と一緒にアフリカ狩猟旅にも同行し、このアマゾン探検行にも参加したセオドアの次男カーミットの後日譚が切ない。この無鉄砲な次男に幸せな後半生は待っていないのだ。急流に流されたりして父親に怒られはしたものの、アマゾンで生き生きとしていた姿を知っているだけに、この後日譚は悲しく、深い印象を残している。(エイアンドエフ 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る