「南海トラフ地震」山岡耕春著

公開日: 更新日:

 最悪の場合、日本の総人口の8割以上が住む地域で被害が予想される南海トラフ地震。今後30年の発生率は約70%という。

 日本列島に住む限りは避けられないこの「宿命の巨大地震」を解説したテキスト。

 駿河湾の富士川河口から四国の足摺岬沖まで延びる南海トラフでは、100~200年間隔で巨大地震が繰り返し発生してきた。最新は1946年に四国沖を震源とする昭和の南海地震で、その2年前には紀伊半島沖を震源とする昭和の東南海地震も発生。実はその前の1854年も2つの地震が連動して発生しているという。東日本大震災とは異なる南海トラフ地震発生の仕組みから、連動した富士山噴火の可能性、そして被害予測や備えまで、第一人者が教授。(岩波書店 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る