• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「南海トラフ地震」山岡耕春著

 最悪の場合、日本の総人口の8割以上が住む地域で被害が予想される南海トラフ地震。今後30年の発生率は約70%という。

 日本列島に住む限りは避けられないこの「宿命の巨大地震」を解説したテキスト。

 駿河湾の富士川河口から四国の足摺岬沖まで延びる南海トラフでは、100~200年間隔で巨大地震が繰り返し発生してきた。最新は1946年に四国沖を震源とする昭和の南海地震で、その2年前には紀伊半島沖を震源とする昭和の東南海地震も発生。実はその前の1854年も2つの地震が連動して発生しているという。東日本大震災とは異なる南海トラフ地震発生の仕組みから、連動した富士山噴火の可能性、そして被害予測や備えまで、第一人者が教授。(岩波書店 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る