「SNS時代の文章術」野地秩嘉著

公開日: 更新日:

 自他ともに認める文章力ゼロからノンフィクション作家になった著者による文章読本。

 SNSの登場によってビジネスの文章も変化。本書ではそうした時代に対応するための文章の書き方を伝授する。SNS時代の文章の特徴を分析。その上で、誰もが短い文章を書く時代になったからこそ、これからのビジネスマンは語彙を増やし、句読点を減らし、それでいて読みやすい文章を書くことが必要になると説く。

「オーガニックな」文章をユーモアの気配をにじませて書くにはどうしたらよいか。デビュー前に2人の編集者からとことん文章の書き方を教わったという氏が、自らの体験や、取材を通して知った各界の著名人たちの文章術を例に、具体的に伝授。(講談社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る