• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「モネとジャポニスム」平松礼二著

 日本画家が、画家ならではの視点で論じたモネ論。

 それまで印象派の絵画に心動かされることがなかった著者だが、24年前にたまたま入ったオランジュリー美術館の「モネの部屋」で衝撃を受ける。日本画の屏風絵そのものだったからだ。以来、モネをはじめ印象派の画家たちの足跡をたどり、彼らと同じ場所でスケッチをし、彼らが何を思い、何を見、何を描こうとしたのかを、肌で感じようとしてきた。印象派がジャポニスムから受けた影響を論じ、モネは他の印象派と異なるとらえ方でより深くジャポニスムに傾倒していたと説く。モネの作品を読み解く一方、印象派ゆかりの地を巡る紀行エッセーなど。

 モネを超えるべく屏風絵を描き続ける著者が、愛し尊敬するモネを語りつくす。(PHP研究所 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る