「ギケイキ」町田康著

公開日: 更新日:

 鞍馬寺から出奔して元服した九郎義経は、太公望が著した兵法書「六韜(りくとう)」を鬼一法眼という僧がもっていることを知り、色仕掛けでその娘をだまして、その書を書写する。

 五条天神で刀狩りをしていた悪僧の弁慶に遭遇した義経は、「六韜」で習得した技を使って瞬間移動したり、地上1メートルの位置で停止したりして弁慶を打ち負かす。再び出会ってまた翻弄された弁慶は「あの人が行ってしまったこと自体が、すごく悲しいし、寂しい。なにこれ?もしかして、恋?」とつぶやく。それを耳にした義経は「あいつ、使えるかも」。

 アニメのヒーローのように自由奔放な義経を描く痛快時代小説。(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る

人気キーワード