• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ギケイキ」町田康著

 鞍馬寺から出奔して元服した九郎義経は、太公望が著した兵法書「六韜(りくとう)」を鬼一法眼という僧がもっていることを知り、色仕掛けでその娘をだまして、その書を書写する。

 五条天神で刀狩りをしていた悪僧の弁慶に遭遇した義経は、「六韜」で習得した技を使って瞬間移動したり、地上1メートルの位置で停止したりして弁慶を打ち負かす。再び出会ってまた翻弄された弁慶は「あの人が行ってしまったこと自体が、すごく悲しいし、寂しい。なにこれ?もしかして、恋?」とつぶやく。それを耳にした義経は「あいつ、使えるかも」。

 アニメのヒーローのように自由奔放な義経を描く痛快時代小説。(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る