• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ギケイキ」町田康著

 鞍馬寺から出奔して元服した九郎義経は、太公望が著した兵法書「六韜(りくとう)」を鬼一法眼という僧がもっていることを知り、色仕掛けでその娘をだまして、その書を書写する。

 五条天神で刀狩りをしていた悪僧の弁慶に遭遇した義経は、「六韜」で習得した技を使って瞬間移動したり、地上1メートルの位置で停止したりして弁慶を打ち負かす。再び出会ってまた翻弄された弁慶は「あの人が行ってしまったこと自体が、すごく悲しいし、寂しい。なにこれ?もしかして、恋?」とつぶやく。それを耳にした義経は「あいつ、使えるかも」。

 アニメのヒーローのように自由奔放な義経を描く痛快時代小説。(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る