「横浜1963」伊東潤著

公開日: 更新日:

 オリンピックを翌年に控えた1963年の横浜。いまだ敗戦の影が色濃く残り、米兵が街を闊歩する。

 この年、横浜港で若い女性の死体が発見された。凶器はネイビーナイフ。同じ手口の連続殺人事件の始まりだった。犯人は米兵か。

 神奈川県警外事課の若手刑事、ソニー沢田は、事件の手がかりを追う。ハーフのソニーは金髪で長身、白人にしか見えない。体を売ってソニーを育てた日本人の母は、貧しさの中で亡くなり、ソニーは日本にもアメリカにも屈折した思いを抱いている。

 捜査の進展をはばむ米軍の壁は厚かった。ソニーは一縷の望みをかけて米海軍捜査局に協力を求めた。その相手、米軍SPのショーン坂口は日系3世で、どこから見ても日本人。移民として辛酸をなめた父や祖父の記憶が、ともすればショーンを保身に向かわせる。

 ソニーの懸命な捜査で容疑者が浮上、相いれなかった2人は、真実を求める同志として、タッグを組むことになった。

「国を蹴った男」「巨鯨の海」などの歴史小説で知られる著者初のミステリー。敗戦国と戦勝国の関係性、人種差別意識、ベトナム戦争など、当時の世相の描写が物語に厚みを加え、一気に読ませる。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る

人気キーワード