「横浜1963」伊東潤著

公開日: 更新日:

 オリンピックを翌年に控えた1963年の横浜。いまだ敗戦の影が色濃く残り、米兵が街を闊歩する。

 この年、横浜港で若い女性の死体が発見された。凶器はネイビーナイフ。同じ手口の連続殺人事件の始まりだった。犯人は米兵か。

 神奈川県警外事課の若手刑事、ソニー沢田は、事件の手がかりを追う。ハーフのソニーは金髪で長身、白人にしか見えない。体を売ってソニーを育てた日本人の母は、貧しさの中で亡くなり、ソニーは日本にもアメリカにも屈折した思いを抱いている。

 捜査の進展をはばむ米軍の壁は厚かった。ソニーは一縷の望みをかけて米海軍捜査局に協力を求めた。その相手、米軍SPのショーン坂口は日系3世で、どこから見ても日本人。移民として辛酸をなめた父や祖父の記憶が、ともすればショーンを保身に向かわせる。

 ソニーの懸命な捜査で容疑者が浮上、相いれなかった2人は、真実を求める同志として、タッグを組むことになった。

「国を蹴った男」「巨鯨の海」などの歴史小説で知られる著者初のミステリー。敗戦国と戦勝国の関係性、人種差別意識、ベトナム戦争など、当時の世相の描写が物語に厚みを加え、一気に読ませる。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る