トランプの「暴言術」は周到に計算された品の悪さ

公開日:  更新日:

「THE TRUMP傷ついたアメリカ、最強の切り札」ドナルド・J・トランプ著、岩下慶一訳

 暴言放言、言いたい放題のトランプ。その背景にはしたたかな計算が――?暴言しても支持率が下がらないどころか、かえってアップする化け物のようなトランプ。本書はその選挙キャンペーン本。それだけに“暴言術”の秘訣がわかる。

 たとえば――「米国の外交問題を泥沼に引き込んだ外交官たちは、私に外交の経験がないことを批判する」「だが世界の状況を見てみるがいい。控えめに言っても目も当てられない状態としか言いようがない」「まず他を圧倒する強力な軍隊を持つことだ。強い経済を利用して、友好的な国には見返りを、そうでない国には罰を与える」「サウジアラビアは毎日5億から10億ドルを稼ぎ出している。だが我々が守ってやらなければサウジもその富も存在できない。そして我々は彼らから何一つ受け取ってない」「我々はドイツも日本も韓国も守っている。どれも強く富裕な国々だ。ここでも我々はタダ働きだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る