• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ジニのパズル」崔実著

 第59回群像新人文学賞を受賞し、今回の芥川賞候補にもなった。新たな才能の出現と注目される作者(チェシル)のデビュー作。

 主人公のジニは、アメリカ・オレゴン州で絵本作家ステファニーのもとにホームステイしながら、高校に通っている。しかし、退学寸前。そんなジニに、ステファニーが問いかける。
「あなた、ここに来る前に何かあったのかしら」。そしてこう続ける。「あなたは、とても哀しい目をしているわ」

 時は5年前に遡り、舞台は東京へ。日本の小学校を卒業したパク・ジニは、中学から朝鮮学校に入学したが、朝鮮語が分からず、学校生活になじめない。何より、教室に掲げられた金日成、金正日親子の肖像画に強い違和感を抱いた。

 1998年、テポドンが発射された翌日に、制服のチマ・チョゴリで学校に向かったジニは、街で理不尽な暴力を受ける。

 激しい怒りを秘めたまま心を閉ざしたジニは、煩悶の末に立ち上がる。それは、小さくて、とてつもなく大きな、たったひとりの革命だった。

 2つの国のはざまで生きながら、大人に、社会に正当な怒りをぶつけるジニ。強くて、けなげで、傷つきやすい少女の目を通して今を鋭くえぐった作品。(講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る