「ジニのパズル」崔実著

公開日:  更新日:

 第59回群像新人文学賞を受賞し、今回の芥川賞候補にもなった。新たな才能の出現と注目される作者(チェシル)のデビュー作。

 主人公のジニは、アメリカ・オレゴン州で絵本作家ステファニーのもとにホームステイしながら、高校に通っている。しかし、退学寸前。そんなジニに、ステファニーが問いかける。
「あなた、ここに来る前に何かあったのかしら」。そしてこう続ける。「あなたは、とても哀しい目をしているわ」

 時は5年前に遡り、舞台は東京へ。日本の小学校を卒業したパク・ジニは、中学から朝鮮学校に入学したが、朝鮮語が分からず、学校生活になじめない。何より、教室に掲げられた金日成、金正日親子の肖像画に強い違和感を抱いた。

 1998年、テポドンが発射された翌日に、制服のチマ・チョゴリで学校に向かったジニは、街で理不尽な暴力を受ける。

 激しい怒りを秘めたまま心を閉ざしたジニは、煩悶の末に立ち上がる。それは、小さくて、とてつもなく大きな、たったひとりの革命だった。

 2つの国のはざまで生きながら、大人に、社会に正当な怒りをぶつけるジニ。強くて、けなげで、傷つきやすい少女の目を通して今を鋭くえぐった作品。(講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る