「陸王」池井戸潤著

公開日:  更新日:

 埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は創業100年を超える老舗足袋業者。需要の落ち込みにこのままでは先がないと危機感を募らせていた4代目社長の宮沢紘一は、足袋の製造技術を生かした裸足感覚のランニングシューズの開発を思いつく。

 とはいえ、資金調達、シューズの専門知識、生ゴムに代わる新しいソール素材など問題が山積。それでも周囲の協力を得て、なんとか独創的なランニングシューズ「陸王」の試作品完成にこぎ着けるが、無名のブランドを誰も相手にしてくれない。

 そこで、けがからの再起を図る長距離ランナーの茂木に陸王を履いてもらって知名度を上げる作戦に打って出る。こうして企業の存続を託すこはぜ屋と己の選手生命を懸ける茂木との二人三脚が始まるのだが、その前に有名スポーツメーカーが大きく立ちはだかる……。

 中小企業の優れた技術力と人間的な強い結びつき、そこにのしかかる大企業の理不尽な圧力、負け組に対する銀行の無慈悲さなど、池井戸作品の定番ともいえる要素がふんだんに盛り込まれた企業再生の感動の物語。(集英社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る