若者の創作意欲刺激 大人気SNS「インスタグラム」の正体

公開日:  更新日:

「できる100の新法則 Instagramマーケティング」株式会社オプト&できるシリーズ編集部

 いま企業はこぞってSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用に乗り出している。少し前まではフェイスブックなどに公式アカウントを持って新商品やイベントの告知などに役立てていたが、いま人気はなんといってもインスタグラム。

 理由の第1は写真に特化したことで「言葉の壁を難なく越えてしまう」こと。またフェイスブックの「再共有」やツイッターのリツイートなどのような「拡散」機能がないのも特徴。SNSが爆発的に流行したのは情報を手軽に拡散できることだったが、インスタグラムは逆に自分で写真を撮る行為が前提になる。これを面倒と思うのはこれまでの「読むだけ・見るだけ」のマスコミに慣れた中高年で、SNS慣れした若者たちにとってはユーザーとしての創作意欲を刺激されることを意味する。つまりインスタグラムの成功は、それだけSNSが成熟してきた証しでもあるのだ。

 本書はこれを活用して自社のマーケティングに役立てる法をアドバイス。担当者を「運営」と「効果測定」に分けて客観的視点を持つことも大事。投稿する時間帯もユーザーの移動時間かリラックスタイムを狙うこと、と細かなアドバイスが特徴だ。(インプレス 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る