• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若者の創作意欲刺激 大人気SNS「インスタグラム」の正体

「できる100の新法則 Instagramマーケティング」株式会社オプト&できるシリーズ編集部

 いま企業はこぞってSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用に乗り出している。少し前まではフェイスブックなどに公式アカウントを持って新商品やイベントの告知などに役立てていたが、いま人気はなんといってもインスタグラム。

 理由の第1は写真に特化したことで「言葉の壁を難なく越えてしまう」こと。またフェイスブックの「再共有」やツイッターのリツイートなどのような「拡散」機能がないのも特徴。SNSが爆発的に流行したのは情報を手軽に拡散できることだったが、インスタグラムは逆に自分で写真を撮る行為が前提になる。これを面倒と思うのはこれまでの「読むだけ・見るだけ」のマスコミに慣れた中高年で、SNS慣れした若者たちにとってはユーザーとしての創作意欲を刺激されることを意味する。つまりインスタグラムの成功は、それだけSNSが成熟してきた証しでもあるのだ。

 本書はこれを活用して自社のマーケティングに役立てる法をアドバイス。担当者を「運営」と「効果測定」に分けて客観的視点を持つことも大事。投稿する時間帯もユーザーの移動時間かリラックスタイムを狙うこと、と細かなアドバイスが特徴だ。(インプレス 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る