本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏

1956年、埼玉県生まれ。早大政経学部卒。ノンフィクション、エッセー、小説など幅広く執筆中。著書に「エロ本黄金時代」「東京最後の異界 鶯谷」ほか多数。

大山倍達は真樹・梶原の兄弟仲にヤキモチ

公開日:  更新日:

「吉田豪の空手★バカ一代」吉田豪著(白夜書房 1528円+税)

 格闘家たちが思わず本音を漏らした、フルコンタクト的インタビュー集だ。

 早大生時代から極真の雄として活躍、現在は大道塾を率いる東孝塾長が語る梶原一騎の思い出話が凄い。

 東孝青年と劇画界の首領が飲んだときのこと。

〈東「そのうち悪酔いして、タクシー乗ったら気分が悪くなったのよ。それで窓から外に出せばいいのに、梶原先生に出しちゃったの(笑い)」
――え! ゲロかけちゃったんですか(笑い)。

東「さすがにマズいことしたなと思って次の日に行ったら『東、昨日は酔ったな』って、それだけだったのよ」〉

 強面イメージの大梶原の意外な一面がのぞく。

 極真の猛者、現在は士道館・添野義二館長が語る格闘家たちの素顔も興味深い。

〈「大山(倍達)先生は子供っぽいとこあるんだよ。ヤキモチ焼きなの。女のジェラシーよりも男のジェラシーのほうが怖いんだよね。真樹先生、梶原先生は兄弟仲が良かったのよ。俺、梶原先生と仲良かったの。そうすると真樹先生はヤキモチ焼くんだよ。大山先生もそうなの」〉

 インタビュアー吉田豪の神懸かり的な乗せ上手によって、武道家の赤裸々な姿が露呈される。

 思い起こせば、1980年秋、添野義二が極真を破門され、その余波で義兄弟とされた大山倍達・梶原一騎が反目したスキャンダルを追ったことが、私の物書き稼業のスタートだった(懐かしい!)。

 サングラス、パンチパーマで強面の格闘家、小説家・梶原一騎の実弟、真樹道場率いる真樹日佐夫宗師に私も以前、インタビューしたことがある。テーマは童貞喪失。

 真樹宗師、しばらく沈黙。サングラスの下の目は不機嫌そうだ。気分を害したのか。すると――「そっちから聞いてくれねえとなあ。話しづらいぜ」。

 含羞の人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る