日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「黙って寝てはいられない」小泉純一郎談、吉原毅編

 原発事故以来、「原発即時ゼロ」を訴え続けてきた元総理による提言集。

 現役総理のときは、原発は必要だと考えていたが、知れば知るほど原発はクリーンでも安全でも安くもないことを痛感。原発推進派の主張に、今後、税金を投入して造らなければならない処分場の問題や、今やお荷物となってしまった高速増殖炉「もんじゅ」などをやり玉に挙げて論破。

 これまで日本では原発を推進するために自然エネルギーの発展を妨害してきたが、原発に使ってきた税金を自然エネルギーの支援に回せば、簡単に原発をゼロにできると説く。

 かつて原発を推進してきた自分だからこそ「黙って寝ているわけにはいかない」と、日本の未来を憂い、熱く語る。(扶桑社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事