「黙って寝てはいられない」小泉純一郎談、吉原毅編

公開日: 更新日:

 原発事故以来、「原発即時ゼロ」を訴え続けてきた元総理による提言集。

 現役総理のときは、原発は必要だと考えていたが、知れば知るほど原発はクリーンでも安全でも安くもないことを痛感。原発推進派の主張に、今後、税金を投入して造らなければならない処分場の問題や、今やお荷物となってしまった高速増殖炉「もんじゅ」などをやり玉に挙げて論破。

 これまで日本では原発を推進するために自然エネルギーの発展を妨害してきたが、原発に使ってきた税金を自然エネルギーの支援に回せば、簡単に原発をゼロにできると説く。

 かつて原発を推進してきた自分だからこそ「黙って寝ているわけにはいかない」と、日本の未来を憂い、熱く語る。(扶桑社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る