「治部の礎」吉川永青著

公開日:  更新日:

 天正10(1582)年、備中を攻略中の秀吉は清水宗治の抵抗にあう。軍師・黒田官兵衛は、清水がこもる高松城を水攻めするため、近隣の百姓らが持ち込む土嚢に米や金を支払う。秀吉の近習・三成は、主君の財を使い果たすこの水攻めに賛同できない。

 そんなとき、信長横死の一報が入る。三成は、秀吉に命じられ、明智の寄騎である筒井順慶の兵を封じるため、大和郡山城に向かう。筒井の説得に成功した三成は、戦は戦場での功だけがすべてではないと学ぶ。ただ、加藤清正らに見下され、忸怩たる思いを抱く。そんな中、秀吉の天下取りの真意を知った三成は、秀吉のもとで秩序をもって世の乱れを糾すという大義に生きることを誓う。

 義に生き、日本の礎を築いた石田三成の生涯を描く時代長編。(講談社 1850円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る