「鷹の爪 おっとり聖四郎事件控(五)」井川香四郎著

公開日:  更新日:

 普段は出張料理が専門の包丁人の聖四郎は、訳あって、仙台堀沿いの料亭「歳松」の花板を務める。急逝した先代の米八から、息子の駒吉を一人前の料理人にしてくれと頼まれたのだ。しかし、駒吉は修業に身が入らず、反抗的な態度を見せる。米八と駒吉は本当の父子ではなかった。

 同じころ、自身番大家の松蔵が仙台堀をはさんだ商家から「歳松」を監視していた。抜け荷の探索をしている松蔵は、「歳松」が取引の場所ではないかと疑っているようだった。そんな中、店の近くの船着き場に荷船が激突。船には心中のように手足を結び合った男女の死体が転がっていた。(「いつわりの花」)

 包丁も剣の腕前も冴えわたる聖四郎が悪党を両断する人気シリーズ。(光文社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る