「鷹の爪 おっとり聖四郎事件控(五)」井川香四郎著

公開日: 更新日:

 普段は出張料理が専門の包丁人の聖四郎は、訳あって、仙台堀沿いの料亭「歳松」の花板を務める。急逝した先代の米八から、息子の駒吉を一人前の料理人にしてくれと頼まれたのだ。しかし、駒吉は修業に身が入らず、反抗的な態度を見せる。米八と駒吉は本当の父子ではなかった。

 同じころ、自身番大家の松蔵が仙台堀をはさんだ商家から「歳松」を監視していた。抜け荷の探索をしている松蔵は、「歳松」が取引の場所ではないかと疑っているようだった。そんな中、店の近くの船着き場に荷船が激突。船には心中のように手足を結び合った男女の死体が転がっていた。(「いつわりの花」)

 包丁も剣の腕前も冴えわたる聖四郎が悪党を両断する人気シリーズ。(光文社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る