「われらが背きし者」ロシアにおける「近代派」と「土着派」の相克

公開日: 更新日:

 ソ連邦が崩壊し、自由市場体制に移行してもなおロシアは深い謎の国。いや、冷戦時代のような明白な対立構図が見えないとよけいに謎めいて感じるのかもしれない。

 そんなロシアの変幻イメージにあふれるのが来週末公開の「われらが背きし者」。かつて「寒い国から帰ってきたスパイ」などでスパイの人間的な内面に迫ったジョン・ル・カレの最新映画化作品だが、今回はグローバル経済で退廃した国家と対峙し、対決せざるを得なくなる人間を描いている。

 その中心をなすのが裏社会からのし上がったロシアの成り金。たまたま知り合ったイギリス人の大学教師を、妻もろともスパイゲームに引きずり込んでゆく。その描写はほとんどマンガチックなまでに誇張された“下品なロシア人”そのものなのだが、物語の中盤から、実はこの男がスラブ的な仁義を貫いて表社会のグローバルな利権集団の裏をかこうとする知恵者であるらしいことがわかってくる。つまりル・カレの狙いは、ロシアの歴史に根強い「近代派」(西欧派)対「土着派」(スラブ派)の相克を描くことなのだ。

 人気エッセイストだった故・米原万里「ロシアは今日も荒れ模様」(講談社 530円+税)はこうした「西欧対スラブ」の文化構図をユーモラスに描いて、いまなお面白い一冊。西側に大歓迎されたゴルバチョフが「ロシアの民衆と真に向き合わない」人物だったこと、田舎政治家の典型に見えたエリツィンが実は金銭に淡泊で気のいい親父だったことなど興趣がつきない話題ばかり。この人にはぜひプーチンを論じてほしかった。

〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  9. 9

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る