「ホッピー文化論」ホッピー文化研究会編

公開日:

 愛好者の間で長年飲まれてきた「ホッピー」。焼酎に自分好みの量を注いで割って飲むための「割り物」としての存在でありながら、その愛好者は長年絶えることがない。本書は、そんなホッピーを巡る物語を、ホッピーを愛する6人からなるホッピー文化研究会が考察したもの。

 本書によれば、ホッピーは人が集まれば瓶ビールをそれぞれのコップにつぎ合い、乾杯し合う「とりあえずビールの文化」とは対極の場に存在する。よくよく観察してみれば、大衆酒場ではお馴染みのホッピーも、結婚式や葬式など大勢の人たちが改まった服装で行き交う場では全く姿を見せない。

 これは、自分好みに割って飲むホッピーが、社交のためにお酌をし合う場にそぐわないからだと指摘。気取ることのない場で、ネクタイを緩めて飲みたいという欲求に、ホッピーは素直に応え続けてきた。

 気さくなひとり飲みの場にふさわしい、孤高の酒の友としてのホッピーの存在が浮かび上がってくる。(ハーベスト社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る