「潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官」川瀬七緒著

公開日:

 伊豆諸島の神ノ出島でミイラ化した若い女性の遺体が見つかる。通常とは異なる遺体の状態に、法医昆虫学者の赤堀に出動要請が入り、彼女の世話係の警視庁の岩楯も島に向かう。発見者は獣医の沖田で、住人が飼育する大型犬がどこからか遺体をくわえて発見現場まで運んできたらしい。

 通常、遺体はミイラ化するまで3カ月ほどかかるが、発見現場や遺体を調べた赤堀は、遺体に虫の被害がほとんどないことから、被害者が死亡して間もないと断定する。

 一方で遺体を発見した犬に特定外来生物のアリが付着していることに気づき慌てる。島の生態系に甚大な影響を及ぼしかねないからだ。

 死体や現場で見つかった虫から事件の真相に迫る法医昆虫学者を主人公にしたシリーズ最新刊。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る