• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官」川瀬七緒著

 伊豆諸島の神ノ出島でミイラ化した若い女性の遺体が見つかる。通常とは異なる遺体の状態に、法医昆虫学者の赤堀に出動要請が入り、彼女の世話係の警視庁の岩楯も島に向かう。発見者は獣医の沖田で、住人が飼育する大型犬がどこからか遺体をくわえて発見現場まで運んできたらしい。

 通常、遺体はミイラ化するまで3カ月ほどかかるが、発見現場や遺体を調べた赤堀は、遺体に虫の被害がほとんどないことから、被害者が死亡して間もないと断定する。

 一方で遺体を発見した犬に特定外来生物のアリが付着していることに気づき慌てる。島の生態系に甚大な影響を及ぼしかねないからだ。

 死体や現場で見つかった虫から事件の真相に迫る法医昆虫学者を主人公にしたシリーズ最新刊。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る