佐伯泰英6年ぶり新作「空也十番勝負 青春篇 声なき蟬」刊行

公開日:  更新日:

 シリーズ累計2000万部突破の大ベストセラー、佐伯泰英著「居眠り磐音 江戸双紙」(双葉社)。今年1月には51巻で完結を迎えたが、最終章では主人公・坂崎磐音の元から、磐音の嫡子・空也がひとり武者修行に旅立つシーンで幕を閉じた。

 空也のその後を描いた「空也十番勝負 青春篇 声なき蟬」(上・下)が来年1月6日に双葉文庫から刊行される。著者にとっては6年ぶりの新主人公だ。

 上巻の舞台は、肥後・日向。下巻はよそ者を受け入れない“異国”薩摩を舞台に、度重なる試練に立ち向かい、志を貫こうとする若武者の姿を描く。「居眠り磐音 江戸双紙」の続編的な要素もありながら、新たな物語の始動も感じさせ、磐音ファンならずとも楽しめる作品となりそうだ。

 またNHKで2007年から3シリーズにわたり放送されて好評を博した山本耕史主演のドラマ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」の完結編が17年の正月時代劇として放送されることが決定。放送日は1月2日(予定)。

 年始は、磐音ドラマも見逃せない!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る