日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐伯泰英6年ぶり新作「空也十番勝負 青春篇 声なき蟬」刊行

 シリーズ累計2000万部突破の大ベストセラー、佐伯泰英著「居眠り磐音 江戸双紙」(双葉社)。今年1月には51巻で完結を迎えたが、最終章では主人公・坂崎磐音の元から、磐音の嫡子・空也がひとり武者修行に旅立つシーンで幕を閉じた。

 空也のその後を描いた「空也十番勝負 青春篇 声なき蟬」(上・下)が来年1月6日に双葉文庫から刊行される。著者にとっては6年ぶりの新主人公だ。

 上巻の舞台は、肥後・日向。下巻はよそ者を受け入れない“異国”薩摩を舞台に、度重なる試練に立ち向かい、志を貫こうとする若武者の姿を描く。「居眠り磐音 江戸双紙」の続編的な要素もありながら、新たな物語の始動も感じさせ、磐音ファンならずとも楽しめる作品となりそうだ。

 またNHKで2007年から3シリーズにわたり放送されて好評を博した山本耕史主演のドラマ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」の完結編が17年の正月時代劇として放送されることが決定。放送日は1月2日(予定)。

 年始は、磐音ドラマも見逃せない!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事