「大雪物語」藤田宜永著

公開日: 更新日:

 派遣切りに遭い失業した23歳の良太は、盗んだバイクでひったくりを繰り返す。だが、警察の捜査が姉にまで及んでいると知り、土地勘のある長野県のK町に向かう。かつて両親が管理人を務めていた保養所があった別荘地にたどりついた良太は、記憶にある別荘に忍び込む。しかし、折からの豪雪で電線が切断され停電、まきも食料も底をつき、良太はナイフを懐に煙突から煙が上がる近くの別荘のドアをノックする。出てきたのは老婆だった。敏子と名乗る老婆は、良太のウソを疑わず、食事や寝る場所を提供してくれる。雪はその後も降り続き、別荘地は完全に孤立。良太は敏子の別荘に足止めされる。

 豪雪に見舞われたK町を舞台にした6つの物語を収めた連作短編集。(講談社 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る