「大雪物語」藤田宜永著

公開日: 更新日:

 派遣切りに遭い失業した23歳の良太は、盗んだバイクでひったくりを繰り返す。だが、警察の捜査が姉にまで及んでいると知り、土地勘のある長野県のK町に向かう。かつて両親が管理人を務めていた保養所があった別荘地にたどりついた良太は、記憶にある別荘に忍び込む。しかし、折からの豪雪で電線が切断され停電、まきも食料も底をつき、良太はナイフを懐に煙突から煙が上がる近くの別荘のドアをノックする。出てきたのは老婆だった。敏子と名乗る老婆は、良太のウソを疑わず、食事や寝る場所を提供してくれる。雪はその後も降り続き、別荘地は完全に孤立。良太は敏子の別荘に足止めされる。

 豪雪に見舞われたK町を舞台にした6つの物語を収めた連作短編集。(講談社 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る

人気キーワード