「大雪物語」藤田宜永著

公開日: 更新日:

 派遣切りに遭い失業した23歳の良太は、盗んだバイクでひったくりを繰り返す。だが、警察の捜査が姉にまで及んでいると知り、土地勘のある長野県のK町に向かう。かつて両親が管理人を務めていた保養所があった別荘地にたどりついた良太は、記憶にある別荘に忍び込む。しかし、折からの豪雪で電線が切断され停電、まきも食料も底をつき、良太はナイフを懐に煙突から煙が上がる近くの別荘のドアをノックする。出てきたのは老婆だった。敏子と名乗る老婆は、良太のウソを疑わず、食事や寝る場所を提供してくれる。雪はその後も降り続き、別荘地は完全に孤立。良太は敏子の別荘に足止めされる。

 豪雪に見舞われたK町を舞台にした6つの物語を収めた連作短編集。(講談社 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る