「自分史上 最多ごはん」小石原はるか著

公開日: 更新日:

 各界の著名人の「自分史上最多ごはん」を紹介する面白グルメ本。自分史上最多ごはんとは、自宅での食事以外で、人生で最も多い回数食べている特定のお店の、特定のメニューのこと。

 小山薫堂氏のそれは、偶然通りがかりに入って以来20年間、ピーク時には週3回も通っていたという東京・港区の「洋食屋 大越」の「ハンバーグ+白スパゲティ」。酒場の神様・吉田類氏は、30年前から通う東京・国立の「うなちゃん」の「鰻重」を指名。同店は、うなぎのさまざまな部位の串焼きが楽しめる名物酒場だそうだ。その他、両親に連れられ小学生のころから通う船橋の「ちゃんこ加賀」の「ビーフステーキ」を挙げる浦風親方など、75人が偏愛するとっておきを披露。(マガジンハウス 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る