「生きるための哲学」岡田尊司著

公開日:

 人生の危機に直面したとき、人は正解のない問題に自分なりの答えを出そうとする。その正解のない問いを問うことこそが哲学するという営みだと精神科医の著者はいう。本書は、さまざまな人の試行錯誤の軌跡をたどり、彼らが導きだした「生きるための哲学」を紹介する生き方テキスト。

 著者がまだ精神科医になる前に出会った自殺未遂を繰り返すT氏。母親に認めてもらえず苦しみ抜いた彼の半生に寄り添う。他にも、家庭に安全基地を持つことができなかった作家のヘルマン・ヘッセや、親がかけた「呪い」によって、強迫性障害の症状が出たM子さんなど。「自分らしく生きられない人」や「『絆』に縛られている人」などのケース別に、絶望を乗り越えた人々の物語を紹介する。(河出書房新社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る