「生きるための哲学」岡田尊司著

公開日:

 人生の危機に直面したとき、人は正解のない問題に自分なりの答えを出そうとする。その正解のない問いを問うことこそが哲学するという営みだと精神科医の著者はいう。本書は、さまざまな人の試行錯誤の軌跡をたどり、彼らが導きだした「生きるための哲学」を紹介する生き方テキスト。

 著者がまだ精神科医になる前に出会った自殺未遂を繰り返すT氏。母親に認めてもらえず苦しみ抜いた彼の半生に寄り添う。他にも、家庭に安全基地を持つことができなかった作家のヘルマン・ヘッセや、親がかけた「呪い」によって、強迫性障害の症状が出たM子さんなど。「自分らしく生きられない人」や「『絆』に縛られている人」などのケース別に、絶望を乗り越えた人々の物語を紹介する。(河出書房新社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

もっと見る