「若旦那道中双六【一】てやんでぇ!」 金子成人著

公開日:

 天保13(1842)年2月、廻船問屋「渡海屋」の次男・巳之吉は、祖父の儀右衛門から、都まで東海道を往復する旅に出るよう命じられる。元から家業を継ぐ気はなく放蕩三昧の日々を送っていた巳之吉だが、前年に跡継ぎの兄が亡くなり、儀右衛門は孫に跡取りとしての自覚を持たせたいようだ。

 東海道の一人旅は水杯を交わすほど危険だと耳にしていた巳之吉は応じるつもりはない。しかし、見境ない遊びがたたり、江戸にいられない事情ができてしまったため渋々、旅に出ることに。巳之吉が旅に出て数日後、儀右衛門の元に巳之吉と引き換えに身代金200両を要求する早飛脚が届く。どうやら巳之吉は悪党にかどわかされてしまったようだ。

 若旦那の珍道中を描く時代エンターテインメント。(双葉社 611円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る