「若旦那道中双六【一】てやんでぇ!」 金子成人著

公開日: 更新日:

 天保13(1842)年2月、廻船問屋「渡海屋」の次男・巳之吉は、祖父の儀右衛門から、都まで東海道を往復する旅に出るよう命じられる。元から家業を継ぐ気はなく放蕩三昧の日々を送っていた巳之吉だが、前年に跡継ぎの兄が亡くなり、儀右衛門は孫に跡取りとしての自覚を持たせたいようだ。

 東海道の一人旅は水杯を交わすほど危険だと耳にしていた巳之吉は応じるつもりはない。しかし、見境ない遊びがたたり、江戸にいられない事情ができてしまったため渋々、旅に出ることに。巳之吉が旅に出て数日後、儀右衛門の元に巳之吉と引き換えに身代金200両を要求する早飛脚が届く。どうやら巳之吉は悪党にかどわかされてしまったようだ。

 若旦那の珍道中を描く時代エンターテインメント。(双葉社 611円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る