「不正に走る普通の人たち」前田康二郎氏

公開日: 更新日:

 不正会計や粉飾決算など、会社や組織のさまざまな不正がどのような背景で行われていくのかを豊富な事例と共にひもといていく本書。もしも今あなたが、“自分は不正などしないし巻き込まれもしないから関係ない話だ”と思ったとしたら、それこそが最も危ない状況であると、フリーランスの経理として活躍する著者は警鐘を鳴らす。

「不正に関わる社員は、何も特別な人ではありません。身近で不正が起きた人にどんな社員がやったのかを聞いてみると、“いい人だった”“そんなことをする人には見えなかった”という答えがほとんどです。いかにも悪いことをしそうな社員は、自然と周囲が監視しているし、万が一が起きてもすぐに発覚する。逆に無防備な普通の人ほど不正の泥沼にはまりやすいので、注意が必要です」

 不正には自ら進んでやる不正と、誰かにやらされる不正の2つのパターンがある。前者は発覚しても自業自得だが、やっかいなのが後者だ。自分の手を汚したくないために、誰かに強要する不正というものもある。強要されている人を第三者から見れば、「きっぱりと断ればいい」「告発すればいい」と感じるだろう。しかし、現実はドラマの「半沢直樹」のようにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  5. 5

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  8. 8

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 9

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る