• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「不正に走る普通の人たち」前田康二郎氏

 不正会計や粉飾決算など、会社や組織のさまざまな不正がどのような背景で行われていくのかを豊富な事例と共にひもといていく本書。もしも今あなたが、“自分は不正などしないし巻き込まれもしないから関係ない話だ”と思ったとしたら、それこそが最も危ない状況であると、フリーランスの経理として活躍する著者は警鐘を鳴らす。

「不正に関わる社員は、何も特別な人ではありません。身近で不正が起きた人にどんな社員がやったのかを聞いてみると、“いい人だった”“そんなことをする人には見えなかった”という答えがほとんどです。いかにも悪いことをしそうな社員は、自然と周囲が監視しているし、万が一が起きてもすぐに発覚する。逆に無防備な普通の人ほど不正の泥沼にはまりやすいので、注意が必要です」

 不正には自ら進んでやる不正と、誰かにやらされる不正の2つのパターンがある。前者は発覚しても自業自得だが、やっかいなのが後者だ。自分の手を汚したくないために、誰かに強要する不正というものもある。強要されている人を第三者から見れば、「きっぱりと断ればいい」「告発すればいい」と感じるだろう。しかし、現実はドラマの「半沢直樹」のようにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る