「負けてたまるか!国産旅客機を俺達が造ってやる」小西透著

公開日: 更新日:

 2015年11月11日、小牧空港から1機の飛行機が飛び立った。国産初のジェット旅客機(MRJ)である。戦争中、零戦に痛めつけられたことから、GHQは終戦後、日本に飛行機を造らせなかった。禁止令が解除された1956年に航空法と航空機製造事業法が施行され、YS―11が誕生したが、国家主導型プロジェクトでコストがかかりすぎ挫折した。2003年、経産省が旅客機開発計画を発表したが、名乗りを上げる企業はなかった。だが、かつて零戦を手掛けた三菱重工の名古屋航空宇宙システム製作所の村山所長は果敢な決断をする。

 8年間の取材を基に、MRJ開発に懸ける技術者たちを描く迫真の小説。

(ブックマン社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る