「負けてたまるか!国産旅客機を俺達が造ってやる」小西透著

公開日:  更新日:

 2015年11月11日、小牧空港から1機の飛行機が飛び立った。国産初のジェット旅客機(MRJ)である。戦争中、零戦に痛めつけられたことから、GHQは終戦後、日本に飛行機を造らせなかった。禁止令が解除された1956年に航空法と航空機製造事業法が施行され、YS―11が誕生したが、国家主導型プロジェクトでコストがかかりすぎ挫折した。2003年、経産省が旅客機開発計画を発表したが、名乗りを上げる企業はなかった。だが、かつて零戦を手掛けた三菱重工の名古屋航空宇宙システム製作所の村山所長は果敢な決断をする。

 8年間の取材を基に、MRJ開発に懸ける技術者たちを描く迫真の小説。

(ブックマン社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る